活性酸素を除去する

 

私達の体の老化を促進したり病気の引き金になるのが、「活性酸素」があります。
活性酸素は、酸素を利用してエネルギーを生み出す際に、必ず産生される、いわば、副産物です。

生きている以上は活性酸素が体内に生まれるのは仕方がないのですが、この活性酸素が細胞を傷つけるということがわかっています。
これが、老化の原因というわけなんですね。

プラセンタには体内の活性酸素量をコントロールすることができると期待されています。

プラセンタがアンチエイジング効果が強力であるというのはこ個から来ているんですね。

さらに、お肌にとっても良い影響があります。それはプラセンタには、「血行促進効果」と「抗炎症作用」、さらに、シミの予防になる、「メラニン生成抑制作用」たるみやしわの原因になる「コラーゲン分解酵素抑制作用」等があるのです。

医薬部外品の化粧品によく美白有効成分として「プラセンタエキス」が配合されているのですが、これはこの効果が期待されているものなんですね。

Tp200プラセンタが業界で話題沸騰な一番の理由とは?

私のニキビ跡改善方法

ニキビができると嫌で潰してしまうことがよくあります。

結果、ニキビ跡へとなり、あとあと困ってしまいます。私が行ったニキビ跡改善方法は、保湿ケアと肌トレーニングです。ニキビは新陳代謝を繰り返しながらいずれかはなくなりますが、ニキビ跡はシミになります。シミになれば、代謝を上げない限りは変化しません。血行が良くなり、栄養がしっかりと細胞に届くようになれば、代謝があがりシミの原因となる「メラニン」を押し上げてくれます。
ニキビ跡は化粧品だけでは変化しないということを皮膚理論から知ったため、私は肌トレーニングを行ってニキビ跡とさよならしました。また、水分量が上がるとお肌が明るく見えるので、結果的にニキビ跡も気にならないということで、保湿力の高い化粧水や保湿クリームもつけました。肌内部のケアと肌の外部のケアと両方行って変化してきたものと自負しています。

ニキビ跡の赤みを消す化粧水

私の冷え性対策

小さい時から、いつも足や手が冷たかったので冷え性だと思っています。私が必ず実施していることを述べます。それは必ず靴下を履いて寝ます。そして家の中にいる時でも足は暖かくしています。よく靴下を履いて寝ると汗をかいて余計に足が冷えるという記事も読んだことがあるのですが、実際に靴下を履かないで寝ると足は冷たいままで体まで冷えている気がします。靴下を履くと途端に体もポカポカになります。
また、運動としては、体の体幹を刺激すると体が温まると聞いたので、深いお辞儀をする姿勢をゆっくりと10回します。すると、本当に体がポカポカになり血行が良くなったことを実感出来ます。
また、食事ですが、よく生姜が体を温めるといいますが、私はあまりそのような感じがしません。実際には、生姜湯などを飲んだ時10分程は温かいのですが、すぐまた体の冷えを感じてしまいます。私が温かくなりたいときは、お肉などのたんぱく質を取ります。
よく西洋の人は肉を多く食べるせいか、体温が日本人よりも高く、冬でも半袖で過ごす人もいます。
なので、私も冬はやや多めに肉を食べるようにしましたら、食べてすぐに本当に体が温かくなります。一度お試しください。

サプリメントでも体を温めることができます。特に効果的なのは人参類です。

高麗人蔘、田七人参などです。→参考サイト